子育てサポーター養成講座のご案内

福智町社会福祉協議会では、平成27年度子育てサポーター養成講座を開催します。
現在、核家族の増加や共働き・ひとり親家庭など、地域には子育てを支援してもらいたい人がたくさんいます。あなたも地域の子育ての担い手として活躍してみませんか?
全日程を受講された方は、ファミリーサポート事業のまかせて会員として登録できます。

第1日目 11月29日(日)
  9:00~10:30 地域がはぐくむ子どもの育ち 渡邉福さん(飯塚市庄内子育て支援センター長)
 10:30~12:00 元気な子どもを育てるために 飯塚病院小児虐待防止委員会(AI-CAP)
 13:00~14:30 これなら簡単! 手づくりおやつ 大穂美枝さん(福岡友の会たけのこグループ)
 14:30~16:00 みんなが違って みんないい 金子加代さん(CAPちくほう)

第2日目 12月12日(土)
  9:30~11:00 乳幼児・児童に対する応急処置 中村順吾さん(田川地区消防本部認定応急手当普及員)
 11:00~12:00 まかせて会員・おねがい会員交流会

対象者:子育てサポーターに興味のある方、講座に興味のある子育て中の方
場所:金田保健センター
※託児を希望(1歳6ヶ月以上)される方は11月27日までにお申し込みください。

問合せ・申込み
福智町社会福祉協議会 地域福祉課 TEL: 0947-22-3778
メールでお申し込みの方は fukutimatiskh@cap.ocn.ne.jp まで氏名、ふりがな、住所、電話、年齢をお書きの上お申し込みください。

2015子育てサポーター1

2015子育てサポーター2

ボランティア・住民活動スタート講座の開催

福智町ボランティア連絡協議会では、ボランティア・住民活動スタート講座を開催します。
「地域のために何かをしたい!」「地域の課題を解決したい!」「一緒に活動する仲間がほしい!」など、皆さんのおもいをカタチにしていくために、みんなで考え、みんなで活動へつなげていくことをサポートしていく講座です。
ボランティアや住民活動に関心のある方、福智町で何かをはじめたい方、どうぞ講座へご参加ください。お待ちしています。

第1講 平成27年11月24日(火)19:00~20:30 金田保健センター
第2講 平成27年12月予定
第3講 平成28年2月予定

申込先:福智町社会福祉協議会 0947-22-3778(11/20締切)
※くわしくはチラシをご覧ください。

ボランティアセミナーチラシ

赤い羽根共同募金がスタートしました

今年も赤い羽根共同募金運動がはじまりました。
お寄せいただいた募金は来年度の福智町の地域福祉活動のため、高齢者の方、障がいがある方・児童のための事業に活用させていただきます。
家庭や職場、街頭、イベント参加などの募金活動へご協力よろしくお願いいたします。
本日10月1日は赤池地区のスーパーやコンビニで17:00~18:00まで街頭募金をおこないます。ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

27年度ちらし(完成品)

サマースクールかえるの学校がはじまりました。

今年も福智町社会福祉協議会主催のサマースクールかえるの学校がはじまりました。
小学生1~3年生52人は夏休み期間中、福祉の学習や体験、工場見学、プールや工作などさまざまなプログラムに挑みます。最高の夏休みの思い出をつくってもらえることと思います。

CIMG1673

赤い羽根共同募金にご協力ありがとうございます。
サマースクールかえるの学校は共同募金の配分金によって運営されています。

障がい児夏期休暇サポート事業ボランティア募集!

障がい児夏期休暇サポート事業とは、夏休み期間中の学童保育です。参加する子どもたちは、小学生から高校生までの障がいのある子どもたちで、家族の方々の身体的・精神的負担の軽減を目的として実施しています。また、子どもたちの夏休み中の遊びの場、交流の場でもあります。

ボランティアを募集しています。

開催日:平成27年7月28日(火)~8月29日(土)※土日、13~15日は休みです。
活動日:開催期間中の何日でも結構です。
時 間:8時30分~17時(相談に応じます)
場 所:福智町金田保健センター(平筑金田駅裏)
活動内容:担当する子どものサポート・見守り、当日のプログラム(遊びや創作活動)を一緒に活動してください。
募集人数:50名
締切:随時募集中
申込み:下記へお電話下さい
その他:食事・お茶はこちらで準備します。こちらで保険に加入します。交通費はありません。

問合せ:福智町社会福祉協議会 地域福祉課 TEL:0947-22-3778(担当:中村)

地域福祉セミナーのご案内

今年度の介護保険の改正に伴い、地域住民の助け合い活動に対する期待が高まってきております。どのような視点や構想で今回の介護保険の改正がなされたのかを確認しながら、今後私たち地域住民に何ができるのか? 何をしなくてはならないのか? を考える研修会を開催いたします。皆さんお誘い合わせのうえ、多くの方々の参加をお待ちしております。

日時:平成27年7月22日(水) 19:00~20:30
場所:福智町公民館金田分館 1階集会室
内容:介護保険の改正とこれからの地域に求められること。地域の助け合い活動を創造する。
対象:興味のある方ならどなたでも
問合せ:福智町社会福祉協議会 地域福祉課 TEL: 0947-22-3778

平成27年度サマースクールかえるの学校開校のお知らせ

長期にわたる夏休みの間に多発する児童の水難、交通事故等に対して、ひとり親家庭および共働きの家庭の保護者の方々が安心して働ける環境をつくるとともに、子供たちにとっても団体生活や貴重な体験を通して協調性を育成し、施設訪問やボランティア活動を通して、福祉意識の向上を図ることを趣旨としておこないます。

【開校期間・時間】
期間 平成27年7月21日(火)~8月28日(金) 午前8時30分より午後4時00分まで
※土曜、日曜、出校日、盆休み(8月13日~15日)はお休みです。

【会場】福智町中央公民館(旧赤池町町民会館)

【対象児童】次のすべてに該当する家庭の児童
1 ひとり親家庭で保護者が就労していること。または、共働きの家庭であること。
2 福智町の小学校1年生~3年生までの児童であること。
3 各小学校の学童クラブ、すずらん学童クラブ、そよ風学童クラブに登録していない児童であること。

【定員】45名(定員は厳守します)

【参加費】9000円(教材費、保険料、プール・バス代等)
ただし、バスハイク、社会見学等の行事については別途実費の負担(計3000円程度)が必要となります。

【申し込み】下記の日時にて電話で受付します。
6月28日(日)午前8時30分~午前10時00分
※ただし、定員45名になり次第、先着順で締め切らせていただきます。

受付電話番号 0947-22-3778

※毎年、申し込み受付開始時には申し込みの電話が殺到します。電話がかかりにくい状態になりますが先着順で締め切りますのでご了承ください。また、1回の電話につき1家族のみの申込み受付となりますのでご了承ください。

※電話受付終了後、保護者の就労証明書並びに確約書を提出していただきます。(就労証明書・確約書の用紙は電話受付後に送付いたします。なお、提出がなければ申込みを取り消します)

問い合わせは、福智町社会福祉協議会 地域福祉課 22-3778まで。

子どもボランティア教室(ゴミひろい)のお知らせ

子どもボランティア教室(平成27年度1回目)を開催します。
今回は国際車いすテニス大会・交歓会会場周辺のゴミひろいをおこないます。

日時:平成27年5月9日(土)10:00~12:00
内容:金田ドーム・体育館周辺のゴミひろいをします。
対象:小学生・中学生
参加費:無料
集合:金田社会福祉センター(金田駅裏)9:45
   上野小学校校門・伊方小学校校門 9:30
   市場小学校校門・弁城小学校校門 9:40
解散:12:00頃(集合場所まで送ります)
昼食:パンとジュースをくばります。
持ち物:ぼうし、タオル、ポイントカード(もっている人のみ)
※雨天の場合は金田社会福祉センターでボランティアの話をします。

申込みは、5月1日までに電話、ファックス、Eメールで下記の項目をお伝えください。
名前(ふりがな):
住所:
電話番号:
学校名:
学年:
緊急連絡先:
集合場所:
解散場所:

申込み先:福智町社会福祉協議会 地域福祉課
     TEL:0947-22-3778 FAX:0947-22-6678 E-mail: fukutimatiskh@cap.ocn.ne.jp

子どもボランティア教室「防災ちずをつくろう」を開催しました

平成27年3月31日(火)ほのぼの館にて子どもボランティア教室をおこないました。
今回のテーマは「春休み特別企画 防災ちずをつくろう!」でした。当日は34人の小学生が集合。それぞれの小学校区にわかれて、防災ちずを作成しました。「自分の家は危険地域になっているのか? 通学路は大丈夫か? もし避難が必要になったらどこに避難するのか?」など完成した地図を見ながら話し合いました。宿題は学んだことをお家の人に教えてあげること! 家族会議でさらに防災につながることを期待しています。

SONY DSC

福祉入門教室「団塊の世代の力を地域に」を開催しました

3月20日(金)金田分館にて福祉入門教室第3講を開講しました。講師に福岡県立大学准教授の村山浩一郎さんをお招きして「団塊の世代の力を地域に」をテーマにお話ししていただきました。

団塊の世代とはどういった世代なのかということを時代背景や、他の世代との比較をしながら学びました。また、団塊の世代の地域社会への参加意識調査の結果では、参加したいという意欲はあるものの実際に参加はしていない人が多いということを知りました。更に今後2025年には団塊の世代が後期高齢者となり超高齢社会になるため、それに備えて今、団塊の世代へ地域での居場所をつくり、支え合いの関係を築いていくことが大切であり、そのために団塊の世代が持つ「知識」「経験」「ノウハウ」を生かせる環境作りをしていくことが必要なのだと学びました。質疑応答の時間では講師と参加された方々との意見が多く飛び交いました。答えを出すことは簡単ではなく、みんなで協力していかなければならないテーマなのだと考えさせられました。
 
今年度の福祉入門教室は今回が最終回となります。ありがとうございました。

CIMG1532